更年期障害の症状と病気について

更年期障害は誰にでも起こる症状・病気

更年期障害の症状と病気について

乗り越えよう

更年期障害という症状を一度は耳にしたことがあると思います。
知らない方のために簡単に説明しておきますね。
更年期障害というのは、病気ではないということをまず知っておきましょう。

更年期というのは、40代半ば~50代半ばのことを指します。
この時期を迎えることで、女性の身体も変化します。それは閉経ですね。
卵巣が機能していたから月経というのがありました。しかし卵巣の機能が低下し、機能をしなくなることで閉経を迎えるのです。
実は女性ホルモンというのも卵巣から分泌されているのですが、女性ホルモンが分泌されなくなるということで、身体に様々な症状が現れてくるのです。
腰痛、肩こり、めまい、火照り、冷えなどの身体的症状から、イライラする、不安な気持ちになる、涙が出てくるというような精神的症状も出てくるのです。

また、更年期を迎えることで、更年期障害以外にも様々な病気が引き起こってしまうのです。
たとえば高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などです。
体力も免疫も衰えてしまっているので病気にかかりやすくなってしまうのですね。
しかし、人生楽しくしなくてはなりません。そのためには病気だと分かった時に落ち込むのではなくて頑張って乗り越えようとする気持ちが大切なんです。
また、一番いいのは病気を患うことなく健康に過ごすことですよね。

それでは予防策と一緒に更年期についてかんがえていきましょう。

what's new

2013/02/20
予防しようを更新
2013/02/20
治療とは?を更新
2013/02/20
男性でもを更新
2013/02/20
若い女性もを更新
2013/02/20
更年期障害の症状と病気についてを更新
2013/02/20
ホームページリニューアル

Copyright(C)2012 更年期障害の症状と病気について All Rights Reserved.